カテゴリー
日記

プログラミング教室に子供を通わせようか悩んでいる姉

AIやロボットといった未来がどうなるかというニュースを見ていると最近思うのが現在の教育では英語教育をできるだけ早い段階で始め、実践的な能力を身に付けることがポイントとされています。しかしながら簡単に自動翻訳のツールができる世の中においては電卓や辞書と同じように英語教育を詰め込みで学ぶ必要は薄れてきています。

それよりも重要なのはすべてのAIやIT、クラウドといった技術の基礎となるプログラミングを早い段階で学ぶことだと思います。特にプログラミングとは何を指すのか、技術的なことを詰め込みで覚えるよりもどのようにプログラミングをすれば何ができるのかを幼い頃から学んでおく事は将来的に文系の道に進もうが理系の道に進もうが必ず役に立つわけです。

全てを司るプログラミングを学ぶことによって、様々なプロジェクトを進めるにあたっての難易度やリードタイム、どれだけの人間が必要になるかまでイメージをすることができるようになります。もちろん自分自身がプログラミングを主に行うわけではなく、プログラミングにどのような人材が求められるのかを明確にするだけでも大きなポイントです。

今の日本社会においては製造業よりもこのような技術力、特にプログラミングをベースとした技術を高めていくことが、少子高齢化で労働者人口が減る中においても発展を目指すことができる数少ない道しるべだと考えられています。

プログラミング技術がどんどん利用できる人材が増えていくことによって技術立国としての日本の地位が今以上に高まっていく可能性もあります。ここにこれまで培ってきた製造業としての技術やノウハウ、ブラックボックスが生かされることによって少ない人材であっても新たな付加価値、サービスを生み出すことができるわけです。

新たな付加価値やサービスを生み出すために重要なのはプログラミングに他なりません。小学校の早い段階でプログラミングに興味を持ち、どのような基本的な仕組みがあればロボットが動くのか、ソフトが動くのかを身をもって体験しておくことが将来的に大きな進歩につながるはずです。

そんな未来になっていくのかななんて思っています。先日広島県に嫁いだ姉とそんなことを話していたら姉がどうやらプログラミング教室に子供を通わせようか悩んでいるようでした。子供の将来を考えるのであればプログラミングは小さい頃からなれておくということは大事なのかなって思います。

カテゴリー
日記

奇跡の復活パソコン愛情物語(笑)

こんにちは!

先日のことなのですが…

パソコン暦20年くらいの私、現在使っているノートパソコンは4代目ですが、3代目に「美しい」とは言えないあるできごとがありました。

焼酎のお湯割りが入ったグラスをひっくり返した私は、3代目に焼酎を飲ませてしまいました。 酔っ払い「あっ」という間に真っ黒になった3代目は、動かなくなってしまい…顔面が真っ青になった私は、酔いもどこかに飛んでしまいました。

3代目の水気をふき取っても動かず、案の定壊れてしまいました。そんなことを友人に話をしたら幸い、知り合いが格安で使っていないパソコンがあると現在の4代目を譲ってくれました。

おかげで、パソコンライフが支流である私が困ることはありませんでした。

使いやすく、7年間使い愛着があった3代目は、壊れたものの廃棄する決断ができず、部屋の片隅に放置していました。 しかし、やっと決断し、廃棄する前に念のため電源を入れてみると、水分が蒸発したせいか、驚いたことに作動し、その後も正常に動き続けています。

何とも間抜けな私の「パソコン愛情物語」でしたが、3代目に愛情を注いだごほうびに、「神様が直してくれた」と思いたいです。

今では、もらった4代目と3代目のパソコンを仕事用とプライベート用に使い分けながらパソコンライフを楽しんでいます。

この間抜けなできごとで得た私の教訓は、パソコンのそばでお酒を飲まないこと、物は大切に扱うことですね。

パソコンをしながら何かをするという時はくれぐれも注意をしないといけないですね。

カテゴリー
日記

初めての北名古屋市に、友人の子供をみていたら私も婚活頑張らないと!

こんにちは!

友達が結婚して子どもが生まれたということで始めて北名古屋市まで来ています。

車の運転が苦手な私は電車で移動。最寄りの駅が西春駅ということで地下鉄桜通り線で名古屋駅まで。

そこから名鉄犬山線線に乗り変えてとドキドキしながら電車移動してきました。

名古屋駅に行くのも高校生以来で、それに加えて名鉄電車に乗るのは数回しかなかったからので余計にですね。

名古屋駅で犬山線を乗り過ごさないように気をつけながら無事乗ることができて一安心、なんだかはじめてのおつかいみたいになっていて少し恥ずかしかったです。

電車に揺られて、外を見ているとなんだかだんだんと長閑な風景に20分も経たないうちに西春駅に到着!

友達には行くことを連絡していたので、旦那さんが迎えにきてくれました。

数回しか会ったことがないので少し気を使いながら家に到着。念願の子どもとご対面(笑)

すごく可愛かったなー

友達に似て、目がぱっちりの女の子でほんとかわいい。

私が抱いても泣かないでずっと目を見つめてくれる‥なんかキュンとしちゃいました。

それからもずっと抱っこしていたのですが、時折見せる笑顔がさらにかわいい(笑)こんな子欲しいって思ってしまいました。

そんな感じで出産祝いである今治タオルを渡して友人といろいろ話してきました。

なんだかお母さんの顔になっててすごく羨ましかったなー

なんだかんだ夕方になったのでまた西春駅まで送ってもらって、帰りの電車でいろいろと考えていたらやっぱり私も子どもと欲しいなって改めて思いました。

最近、恋もしていないので今年は彼氏ができるように婚活頑張ろうって思った一日でした。