カテゴリー
イベント

裸の写真家、吉田凪さんの写真展に名古屋松坂屋に行ってきました。

クレイジージャーニーというTBSで放送されている番組。MCがダウンタウン松本人志さんとバナナマン設楽統さん、女優の小池栄子さんの三人でやっているバラエティー番組で知りました。

多くのジャーニー《危険な旅》をする人たちにスポットをあてたすごく面白い番組です。

奇界遺産の撮影をしている佐藤健寿さんやスタム街を調査するゴンザレスさんという方など数々の面白いクレイジーな人を紹介している番組。その中でもヨシダナギさんは少数民族をアートのように撮影する写真家の方。

その少数民族の方と打ち解けるために少数民族裸になり民族の衣装をきるということでコミュニケーションと取るという珍しい方法を行っている方です。

これでも面白いのですが、すごいのが彼女の作品。

すごく綺麗でアート的な写真にすごく惹かれました。

たまたま今回名古屋松坂屋で写真展が開催されていたのできてしまったという感じです。どうやら握手会などがイベントがあったことを会場で知って少し落ち込んでいたのですが、たまたま見終わった後に松阪屋の前の通りを歩いていたら反対側からヨシダナギさんがいらしゃってすごくテンションが上がってしまいました。

思いもよらないラッキーで嬉しかったな。

カテゴリー
日記

シャンシャンに永久歯が生える

上野動物園のパンダのシャンシャンに、永久歯が生えたというニュースを見ました。

シャンシャンが生まれてから1年くらいは新聞でも、定期的に、成長の様子が写真とともに掲載されていました。

しかし、1歳を過ぎた頃からシャンシャンの記事を見かけなくなってしまいました。

私はテレビでのニュースをあまり見ないので、もしかしたらこの話題を地元のテレビでも放送していたのかも知れません。

私はネットでこのニュースを知りましたが、1歳3カ月になってもまだお母さんに甘えん坊の様子です。

永久歯が生えてくると、硬いものを食べられるようになります。

私はまだ上の動物園でシャンシャンを見ていませんが、機会があれば上京した時に会いに行きたいと思っています。

昨年の暮れにシャンシャン充ての年賀状の募集があり、私も1枚描いて投函しました。

可愛らしくシャンシャンを描いたつもりです。

今年のお正月にはかなりの数の年賀状がシャンシャンに届いたと思います。

来年もこのような企画があるのかどうかわかりませんが、シャンシャンに関わるイベントで参加出来るものあればやってみたいです。

シャンシャン効果もあり、シャンシャンに関するグッズやお菓子などがかなりたくさん売られているようです。

上野駅でもそれが名物になっているようで、お土産に何度か頂きました。

可愛らしいパンダの絵もあれば、微妙な感じのイラストもあります。

それぞれの個性的なシャンシャンが揃っていて、実物とは違うイメージでも十分に楽しむことができます。

それと今年は大河ドラマの影響で西郷さんとワンちゃんのコンビに関するものをたくさん売られているようです。

さらにパンダがプラスされたデザインのお土産などもあるようでした。

シャンシャンブームはしばらく続きそうです。

パンダは食べる量も多いので、どんどん大きくなっていくのだと思います。

シャンシャンが今後もさらにスクスクと成長していくように、温かく見守っていきたいものです。

カテゴリー
日記

5人に1人が70歳以上になったニュースを見て

日本では5人に1人が70歳以上という、超高齢化社会になってきています。

現在では65歳以上が高齢者と言われていますが、おそらく60代の人はあまり高齢者という意識はないのではないかと思います。

一昔前までは定年が55歳で、今よりも高齢者と自覚する年齢が早かったように思います。

それが今では70代で無くなる人でも早死にという感じがしてしまいます。

80代でも元気な人はたくさんいますし、90代もかなり多いような気がします。

確かにいろいろな場所へ出かけますが、そのほとんどが高齢者です。

もちろん、若い世代もいるのですが、圧倒的に高齢者を見かける方が多いです。

今後、高齢者と言われる年齢を70歳、または75歳以上になっていくのではないかと思います。

今は75歳以上が後期高齢者と言われていますが、それも85歳以上とかになるのではないかと思ています。

健康寿命が延びてきている分、以前の老後と言われる60歳以降が長くなりました。

そのため、老後では既になくなってきているのかもしれません。

会社では定年制度がありますが、それも今後はさらに年齢が引き上げられていくのかもしれません。

今では還暦の60歳で赤いチャンチャンコが似合う人はほとんどいなくなったのではないかと思います。

60歳でおじいちゃんやおばあちゃんと呼ぶのは、身内は別にしても、年齢だけでそう判断するのは無理があるような気がします。

見た目年齢だけではなく、肉体年齢もかなり若くなってきています。

最近、よく言われているのが100年時代という言葉、テクノロジーなどが進歩してどんどん寿命が延びているということです。元気よく100歳を迎えれればいいのですが、そういうわけにはいかないかもしれませんね。

そんなことをお茶をしながら考えてしまいました。

カテゴリー
日記

ヘアメイクアップアーティストさん大変ですね…

こんにちは!

久しぶりに美容室に行ってきました。

普段、髪が長くなるとお金もあまりかけなくないので極力自分で切るようにしていたのですが、余りにも量が多くなってしまって自分ではどうしようもなくなってしまったので、以前通っていた美容室に行ってきました。

やっぱり美容師《ヘアメイクアップアーティスト》さんにやってもらうと全然違ってすごくきれいにしてもらってほんと嬉しかったです。

美容師さんには自分できっていますか?って言われました。

髪の切り方を見るだけでわかるんですね。ちょっと恥ずかしかったです…

ほんと2年ぶりぐらいに行ったので、美容室はいいですね。

しっかりとおもてなしをしてくれますし、髪も洗ってもらえてドライヤーもかけていただけるので(笑)

ついつい楽しくて、いろいろと話し込んでしまいました。ちゃんと聞いてもらえるのでそれだけでも日頃のストレスがスーってなります。

小さいお店なので二人っきり。旦那や姑の愚痴いろいろと聞いた貰えました。

いろいろと話しているうちにヘアメイクアップアーティストになる話になり、ヘアメイクアップアーティストになるには大変みたいですね。

専門学校で2年間勉強をして、就職しても下積みで夜遅くまで働いて、そこから自分の練習、『当時は寝る時間ありませんでした』って言っていました。詳しく聞くと今ではブラック労働な感じでしたね。でもこの業種では当たり前みたいって言っていました。

そんな話を聞いていると社会人になればどんな仕事も大変だと思いますが、ヘアメイクアップアーティストは大変そうだなっていう印象でした。

そんなことで久しぶりにいった美容室でしたが、長々と話てしまって結局1時間以上もいてしまいました。ほんと申し訳ないですね。

でも、おかげさまで綺麗にもなったし、いろいろと話も聞いてくれたのですごくストレス解消になりましたね。やっぱりたまには美容室通おうと思ってしまいました。